深井こども園TOP > 10月 2014

お知らせ

2014 年 10 月 24 日 金曜日

dsc06301dsc06291dsc06289
園庭の築山は粘土質なので子ども達にとってお団子が作りやすいようです。手のひらに交互に乗せながら握り丸い形のお団子を作れるようになりました。さらにお兄ちゃん、お姉ちゃんがお団子を固まりやすくする為に「さら砂」を作るところを見てなんだかおもしろそう!と思ったようで、真似をしてお皿に砂を乗せ左右に動かし粒の細かい「さら砂」を作っています。お兄ちゃんやお姉ちゃんたちのように細かい物はできませんが、「さらすなできたで!」と嬉しそうに見せてくれます。


2014 年 10 月 21 日 火曜日

ふれあいの森で虫眼鏡の扱い方を体験してきた子ども達は園庭で自然観察をしていました。すると園庭にハーブコーナーがあることに気が付きました。さっそく図鑑を使って調べてみるとその中にハーブティーの作り方が載っていました。子ども達の中から作ってみたいという声が出てきたので後日作ってみることにしました。
図鑑の通りに集めたハーブを細かくちぎり、洗った後ポットに入れてお湯を注ぎました。すると最初は慣れない匂いに「変な匂いやな」という声が聞かれましたが、時間がたつにつれて「いい匂いになってきた」や「「スーッとする匂いやな」といった声が聞かれるようになりました。完成したハーブティーは「なかなかおいしい」と評判でした。その後、図鑑を見ながらお茶に出来そうな他のハーブを探していました。


2014 年 10 月 21 日 火曜日

春から大事に育ててきたお米が収穫の時を迎えました。モミから大事に育て、水やり、かかし作りなどお世話を続けてきた子ども達は、この時をとても楽しみにしていました。稲刈りでは、ハサミで根元の部分を切り、輪ゴムで縛り、物干しざおに吊るしました。10日ほど乾燥させてから、穂から実をはずしていきました。お椀とトレイを使い「落ちたら拾おう」と一粒一粒大事に外していく姿が印象的でした。その後、すり鉢とボールを使い脱穀していきました。少しづつお米が白くなっていく様子に「白くなってきた」と驚きの声と表情が見られました。脱穀したお米は精米をしてサンマパーティーの時にみんなで食べる予定です。


2014 年 10 月 20 日 月曜日

いろいろな形、大きさのカップで遊びました。小さいカップの上に積むと倒れることが分かり、大きいカップの上に小さいカップをつんだり同じ種類や形の認識ができるようになり、こだわって集めて重ねていました。又さわっているうちにラベルがはがれることに気づくと次々とはがしていく子どももいました。


2014 年 10 月 18 日 土曜日

img_2592最初は、どんどん高く積むあそびをしていました。積んでいく内に力を入れて置くとグラグラ揺れたり倒れたり…img_2600。それに気が付いたひとりの子どもが「そーっと…」と言いながらゆっくり置く姿を見て周りの子どももそれを真似て、カプラの塔を作っていました。