深井こども園TOP > 2月 2015

お知らせ

2015 年 2 月 26 日 木曜日

dsc06480dsc04115dsc064832月の園庭開放では、「豆まき」がありました。太鼓の音と鬼の登場に、ビックリして固まったり、泣いてお母さんに隠れたりしながらも、頑張って「鬼は外~福は内~」と豆まきをしてくれました。「作って遊ぼう」では、ジャンプヘビが、すごく高く跳んだので、大喜びでした。ヘビの模様のシール貼りは、重ねたり色々な色を使ったり、こだわりの作品になりました。「子育てサロン」では、ベビーマッサージと、おやつ試食会をしました。リラックスしてお母さんとのスキンシップを楽しんだからか、その後、ぐっすり眠る子が多かっただす。


2015 年 2 月 26 日 木曜日

dscn3226dscn3225

2月の進級式を終え、年長児は異年齢のグループから離れて深井保育園の1年生になりました。
今までとは違った1年生クラスの部屋での生活は、教室のように並んだ椅子に座って文字を書いたり、グループごとに意見を出し合って話し合う機会が増えてきています。その中で、異年齢の関わりから同年齢の関わりが増えたことで、自分の意見を通そうとするあまり、競争心を持ってトラブルになることもあります。
ぶつかり合っては話し合うということを繰り返していきながら、自分の意見を伝え、友だちの意見も受け止められるような経験を積み重ねていきたいと思います。


2015 年 2 月 23 日 月曜日

長縄あそびでは、とびながら前へ進んで、縄を回している保育者や友だちの所まで行って引っかかっていました。目線もとびこすことに必死で下向きかげんでした。毎日あそびながら、入る時のタイミングや両足を揃えてとぶタイミングが分かり、上手にとべるようになってきました。今では、回している友だちの方を見てリズム感も分かり、とべる回数も増えてきました。
dsc01581dsc01587


2015 年 2 月 20 日 金曜日

4月には新入園児が入ってきます。その前に保護者と一緒に新しい部屋のオモチャで遊んだり、トイレに行ったりする事で使い方を覚え少しずつ慣れていきます。新しい保育者とも徐々に入れかわっていく事で、子どもたちに負担なくすごせるようにしています。4月に新入園児が入って来たときには、在園児がやさしくお世話してくれるでしょう。進級式では、写真つきのメッセージカードをクラスより代表で園長から受けとりました。4.5歳児が自分で書いた絵のカードを見せながら、進級したら色々な楽しい事があるという事を教えてくれました。


2015 年 2 月 20 日 金曜日

今まで月齢の高い子どもたちが楽しんで遊んでいた遊びを、低月齢が毎日一緒に生活する中で見ていて、同じように夢中になって遊んでいます。穴あき容器の中に短く切ったホースをつまんで入れたり、太いラップの芯の中に細いラップの芯を入れて遊んでいます。穴の大きさよりも小さい物は、すぐに入るけれど、大きい物は入らないという場面で、手で押し込もうとしたり、これは入るかな?と入れる物を変えて試している姿があります。