深井こども園TOP > 4月 2015

こだわり

2015 年 4 月 30 日 木曜日

 はさみで1回切りをしました。正しい持ち方を伝えて切っていくと、最初は上手にはさみを開く事が難しい子どもがいました。「グーパーグーパー」と手の動きを伝えて練習すると少しずつ上達して何回も切る姿が見られました。
 その後、自分で切った紙を傘袋に入れて、ロケット作りをしました。高いところから飛ばしていると、大きな袋の方がゆっくり飛ぶ事に気づいたのか、何度も試して目で追っていました。また、しぼんできた物は、飛びにくい事に気付き自分で袋の口から空気を入れていました。


2015 年 4 月 28 日 火曜日

花はじきや大小の穴の開いたビーズ等から色や形にこだわって、使う分だけ選んでお皿に取り分けて遊びました。指先を上手く使って、穴の大きなビーズを選んで通していました。また、同じ色や形にこだわり、集めて通している姿がありました。

p1040830p1040831


2015 年 4 月 28 日 火曜日

e381b1e38293e381a01e381b1e38293e381a0efbc922e381b1e38293e381a0efbc932e381b1e38293e381a0efbc94小麦粉に赤色や緑色の食紅を混ぜて少しずつ水を加えながら小麦粉粘土をつくりました。「もっと水を入れたらかたまるよ」と量を加減しながら固まっていく様子を楽しんでいました。
できた粘土を丸めたものを使いお店屋さんをしました。「キャンディー屋さん」では、小さく丸めた粘土を包み紙の中央に置けば、両端がねじりやすいという方法を見つけて何個も作り、袋に入れて「どうぞ」と渡していました。
「たこ焼き屋さん」では、ハケでソースを塗る際、丸めた粘土が重ならないように綺麗に並べる工夫も見られました。細かく切った紙の青のりを指先でパラパラとかけて、「何個ですか?」「100円です」などのやりとりをしながら遊んでいました。


2015 年 4 月 28 日 火曜日

いろいろな形、大きさのカップであそびました。
保育者が積んで見せるとずりばいで近付いて倒したり、手で持って床に打ち付けて音を出していました。
小さいお友だちはカップで作ったガラガラを触ったり、振って音を鳴らしていました。
素材あそびをする中で様々な感触の物に触れたり舐めたりして確かめたり、つかむ、握るなどに繋げていきたいと思っています。


2015 年 4 月 27 日 月曜日

ギュッと鉄棒を握って背伸びをしながら体を前後に揺らしているうちに、地面から足が離れて体がゆらゆらと揺れました。その後も何度も地面に足がつかないように足を曲げて「できた!!」というような嬉しそうな笑顔を見せていました。

e38186e38195e3819eefbc9210e38186e38195e3819eefbc9313