深井こども園TOP > 4月 2016

こだわり

2016 年 4 月 30 日 土曜日

CIMG0242P1000754CIMG0243

 

 

 

色水遊びをしました。園庭に落ちているゼラニウムなどの花びらや葉っぱを拾い集め、ビニール袋に入れていました。少し水を入れてもむと少しずつ水に色がついていき、その様子をじっとみながら、「赤と緑とピンクを混ぜたらオレンジになった」などと嬉しそうに友だちに伝えていました。


2016 年 4 月 30 日 土曜日

 

砂と水の分量を調節し、泥を固めることが難しく、「なかなか固まらない」と苦戦していましたが1人ひとり自分なりの泥だんごを作りました。保育士が泥だんごを園庭の築山で転がすと「ぼくも!わたしも!」と自分の泥だんごを転がしていました。途中壊れてしまうと「なんでやろう?」「もっとぎゅっとするんやで」などと何度も作り直し、試している姿が見られました。


2016 年 4 月 30 日 土曜日

カプラで家作りをしました。塔だけではなく、階段や屋根など少しずつずらして積み重ねていくことで、外観もより一層工夫している姿もありました。また、みんなが入れるくらいの大きさのものも作り「寝転んでも大丈夫!」と、得意げな子どもたちでした。CIMG0747 CIMG0754 CIMG0760


2016 年 4 月 30 日 土曜日

DSCN9376 うさぎ3 うさぎ2 保育者が作った風車を各自持って園庭に出かけました。持っていた風車が風で回ると、じっと見つめ指をさして回ったことを教えていました。保育者の真似をして「ふうー」と息を吹きかけ、風車が止まると手で動かし回そうとしていました。

 


2016 年 4 月 28 日 木曜日

P1130057 P1130063 P1130066 P1130070自分と同じぐらいの大きさの新聞紙を持って遊んでいるうちに、ビリッと破れたことに驚き破る遊びを楽しんでいました。

保育者がクルクルと棒にように丸める様子を見て真似をする子や、ギュッとボールを作る子、それぞれ新聞紙の感触を楽しんでいました。

小さく破った新聞紙が床の上に落ちていることに気づくと、紙ふぶきのように投げる姿も見られました。また、ビニール袋を渡すと新聞紙の入れ込み遊びが始まりました。新聞紙でたくさんの遊びを楽しむことができました。