深井こども園TOP > 10月 2016

こだわり

2016 年 10 月 31 日 月曜日

 %ef%bc%91 %ef%bc%92 %ef%bc%93 %ef%bc%94 %ef%bc%95 %ef%bc%96 %ef%bc%97 %ef%bc%98 %ef%bc%99 %ef%bc%91%ef%bc%90 %ef%bc%91%ef%bc%91 12 %ef%bc%91%ef%bc%93 16 18春にモミを水に浸けて2週間位経ち芽を出したものを、指で少しずつつまんで苗箱に植え替えました。この間もスズメが苗を食べに来るので、ネットを張りました。15㎝ほどまで大きくなると、一人ひとりのバケツに土と水を入れ、よくかき混ぜて田んぼを作り、田植えをしました。また、水が腐らないように、毎日水を入れ替え、苗の生長を観察しました。暑い日は朝、水を入れても夕方になると、カラカラに乾いて何度も水やりをしました。9月頃になると、稲が40cm程に伸びて花が咲き、稲穂が出来てくると、「これがお米かな?」と、これからお米が膨らんでいくことを楽しみにしていました。稲穂がだんだん垂れてくると、スズメがお米を食べに来るので、ネットを張り、案山子を作りました。10月に稲刈りをしました。ハサミで根元から切り取り、輪ゴムで縛って1週間乾燥させた後、一粒一粒稲からお米を取りました。すり鉢に入れボールで擦ったり、瓶に入れてお箸でついたり、もみ殻を外し脱穀をしました。「お米って大変やなぁ」と話す姿もあり、やっといつも見ているお米が出来ました。さんまパーティーの時、そのお米を炊いておにぎりにして食べました。「僕たちが作ったお米、おいしい?」と異年齢に話す姿もありました。


2016 年 10 月 27 日 木曜日

dscn0117dscn0114dscn0122dscn0120

 

 

 

 

 

泥んこ遊びをしました。卵パックやトレイなどに泥んこで作っただんごやケーキを入れていきました。

手の平でコロコロ転がした団子や、泥のかたまりのケーキを容器に入れると、「いただきまーす!!」「これ、イチゴのケーキやねん!!」など友だち同士で会話したり、並べて見せ合いをして楽しんでいました。

 


2016 年 10 月 21 日 金曜日

p1020372 p1020388 img_0094 地面に落ちているどんぐりを見つけると「どんぐりあった!」と嬉しそうに拾い、カバンに入れていました。大小様々などんぐりを集め、大きいものを見つけると「おおきいどんぐり!」と喜んでいました。拾ったどんぐりを使ってままごとのトッピングにして「○○(ご飯やパンなど)!」と言って作っていました。また、木になっている緑のどんぐりを保育者と一緒に見ると「どんぐり?」「みせて」と見上げながら探し、見つけると「あった!」と指さす姿もありました。


2016 年 10 月 21 日 金曜日

 色々な素材を使ってひっぱる遊びをしました。段ボール箱にヒモを通しておくと、ゆっくりと引っぱり出していました。反対側のお友だちが引っぱるとヒモが箱に戻っていき「あれ?!」というようにまたヒモを引っぱり出して遊んでいました。img_6786 img_6790 img_6792


2016 年 10 月 21 日 金曜日

泥で色々な形を作って遊びました。いつもより水が多かったので「いつもとちがう!」や「ぬるぬるしてる!」など感触の違いを楽しんでいました。

手の平や指を使って○△□☆など細かい所まで形をイメージして作っていました。出来上がったものに目を書いたり、自然物を刺して串団子や虫を作って楽しんでいました。