深井こども園TOP > 5月 2019

お知らせ

2019 年 5 月 18 日 土曜日

0~1歳児の保育参加では、日頃から楽しんでいる「きゅうりのしおもみ」や「一本橋」などのふれあいあそびをして保護者と一緒に笑いあったり、クラス交流会で保護者同士が家での様子を伝えあうなどして和やかな雰囲気で過ごしました。

2部の野外コンサートでは、2~5歳児が舞台に上がり、歌や合奏を披露しました。2歳児は大勢の人を前に緊張からか泣いてしまう姿もありましたが、「ダンゴムシもぞもぞ」や「あたま・かた・ひざ・ポン」を可愛い振り付きで歌いました。3.4.5歳児は、異年齢のグループで太鼓や鉄琴、タンバリンなどを使って「ジグザグお散歩」や「青い空に絵をかこう」を歌い、緊張もしていましたが、楽しそうに合奏する姿がありました。オープニングで鍵盤ハーモニカ奏を披露した5歳児は、「パプリカ」の歌を声をそろえ自信いっぱいの表情で歌っていました。観客席から温かい応援の拍手をもらい、嬉しそうに達成感に満ちた表情をしていました。それぞれの子ども達の成長を感じて頂くことができました。

IMG_2549P1000402P1000413IMG_2554 - コピーIMG_2557IMG_2559 - コピーP1000428IMG_2562 - コピーP1000434


2019 年 5 月 18 日 土曜日

IMG_1556 DSC00037 DSCN8697 IMG_0125 DSC00061 IMG_1600 IMG_1599 IMG_0144 DSC00066

2回目のふれあいの森へ行って来ました。

「茶摘みと茶もみ体験~昔の人と同じようにお茶を手作りしよう~」のプログラムを体験しました。茶摘み体験では、枝の上の方についている新しい葉を一人15枚づつ摘みました。触ってみて新しい葉と古い葉の柔らかさや色の違いに気づき、伝え合う姿がみられました。摘んだ葉を洗い、ホットプレートで蒸した葉を一枚一枚丁寧に広げ更にやわらかくなるまで手で揉みました。みんなが揉んだ葉をもう一度ホットプレートで煎ってパリパリにし、お湯に入れ出来たお茶をみんなで飲みました。「いいにおいやな」「(煎った茶葉が)枯れ葉みたいにカサカサになってる」「お湯がお茶の色になってきてる」と自分たちが摘んだ茶葉が、お茶になるまでの工程を楽しみました。質問タイムでは「葉は緑なのに、お茶の色が茶色っぽいのはなぜ?」という声が上がりました。煎る時間によってお茶の色がかわること、緑茶、ほうじ茶、紅茶はみんな同じ葉っぱから出来ていることを教えてもらいました。

午後からは、「いきものみっけ」プログラムで、4月の風景、いきものの変化を探しに行きました。森に入り耳をすますと、カエルの鳴き声がとてもよく聞こえてきました。鳴いているのはオスのカエルで、お嫁さんを探しているので、メスは鳴かないことを教えてもらいました。「結婚したら、卵産んでおたまじゃくしになる~」と友だち同士で教え合っていました。コナラの丘では、花などが減って草が生い茂っており、虫探しをしました。茂みの中に上手に隠れる生き物達を、体を低くして目をこらして一生懸命探す子ども達。「バッタおった」「カマキリの赤ちゃんみつけた」「ここにくもおる」「この虫は何やろ?」と手や帽子を使ってたくさんの虫を採取しました。スコープでみたり、図鑑で虫の名前を調べたりし、前月には見られなかった生き物をたくさん発見してきました。


2019 年 5 月 11 日 土曜日

 初夏を思わせる暑い日が増えてきましたので、園庭に遮光ネットを張りました。

あちらこちらに三角形の影がたくさん出来、見上げて揺れる様子を楽しんでいました。

夏の日差しや風、虫や鳥たちの声を感じながら戸外で元気に遊んで欲しいと思います。

     P1000374 P1000383  P1000380 P1000386 P1000387 P1000396     


2019 年 5 月 7 日 火曜日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。