深井こども園TOP > 11月 2019

お知らせ

2019 年 11 月 28 日 木曜日

 

今回のふれあいの森では草木染めを体験しました。

染める前に「みんなの服は絵の具で染めてるけど昔はなかったから周りの葉や根を使って染めていたんだよ」と話を聞いて驚いていました。

 

草木染めの材料を集めに森の散策へ行きました。“コナラの木は縦に白い線が入っているよ”“ギザギザの葉っぱだよ”“アラカシは小さくて真ん丸だよ”などそれぞれのドングリの特徴を聞いて探しました。コナラの木の近くで草木染用にみんなでギザギザの葉っぱを集めました。みんなで集めたコナラの葉を鍋で煮ている間にハンカチにビー玉と輪ゴムで絞りつけをしました。染めTシャツをしたときのように丸くする子や縞模様にする子など工夫していました。絞りつけした布を葉っぱで染まった鍋に入れぐつぐつ煮ました。

散策の途中でススキがあるとススキにも種があることを教えてもらいました。小さな茶色い種を見て「これがこんなに大きくなるんや」と背より高いススキを見て驚いていました。

原っぱでは「もりのいろをさがそう」とカードを使ってあそびました。拾った葉の色の変化を目で見たり、カードの色と比べたりし、「どの色やろ~?」と友だちと見せ合っていました。葉っぱの色が変わる木(落葉樹)と一年中変わらない木(常緑樹)があることも教えてもらい、「これは赤色になってる!」「これは黄色になってる!」と色々な葉っぱを手にとっては見比べていました。

 

午後は色がついたハンカチを媒染液(布と色の結びつきを強くする)につけて取り出し、葉と鉄で染まった黒っぽくなったハンカチを見て喜んでいました。一度水で洗い流し、輪ゴムとビー玉を取ると「丸くなってる!」「きれいにできてる!」と見せ合って喜んでいました。

干している間にドングリ探しへ行きました。「ドングリってどこが頭か知ってる?」と聞かれ「帽子かぶってる!」と言うと「あれは実はドングリのパンツなんだよ」と上下が反対ということを知り、ドングリを拾い「こっちが頭やねんて!」と口々にしていました。秋の自然に触れて楽しんだ子どもたちでした。

 

 

 


2019 年 11 月 26 日 火曜日

さんまパーティーがありました。5歳児がトングで優しく生のさんまをつかみ、網の上に乗せて焼きました。網の近くまで来ると、暑さに驚きながらも「後ろの方と温度が全然違う!」とつぶやいていました。

さんまが焼けている間に4・5歳児で「魚のクイズ」や「3枚開きの方法」を楽しみました。事前にフロアに掲示していた魚の骨の仕組みや種類を思い出して友だち同士で」覚えていることを出し合い答えていたり、3枚開きは手作りの魚の模型を使って行い、骨が取れていく様子に「すごい!」とつぶやいたりする様子もありました。焼けてくる香ばしい香りが辺りに漂うと、「おいしそう!」という声が聞こえてきました。

こんがりと焼けたさんまを園庭でみんなで食べました。5歳児は3歳児に「ここ空いてるよー」と呼んであげたり、「おいしいな!」と言い合ったりと異年齢で食べる良さが感じられました。お箸を使って身をほぐし、きれいに骨を取り出して、友だちと見せ合う姿もありました。旬の味覚をみんなで味わえる楽しいパーティーになりました。

 


2019 年 11 月 20 日 水曜日

アヒル、ポニー、モルモットやペリカンなど、たくさんの動物が来てふれあいを楽しみました。

小さいクラスの子ども達は、「あ!!」「みてー」「ワンワン」「ガアガアもおる」など指をさしていました。近くで見る動物に圧倒され、「こわい~」と後退りしながらも、慣れてくると同じ柵の中に入り、そっと触ってみたり、保育者と一緒にエサをあげる姿がみられました。

大きいクラスの子ども達は、ペリカンが魚しか食べないこと聞き、他の動物の食べるものにも興味を持ち、「ウサギは人参たべるで」「やぎはパンの耳よく食べてる」など、友だち同士で伝え合い、箱の中からエサを選んであげていました。また、亀の抱き方を教えてもらい、年長児が年少児に「こうやって抱くねん」「甲羅を持ったらいいよ」などと優しく教えてあげる姿も見られました。

最後には、年長児が道を作り、アヒルやカモの行進を見せてもらいました。「上手に並んで歩いてるな」「ばいばい」「またきてね~」と手をっふてお別れしました。


2019 年 11 月 18 日 月曜日

消防署の方に立ち合ってもらい、0~5歳児で避難消火訓練を行いました。

「火事になると毒のガスが出てるから姿勢を低くして口を押えてね」と教えてもらうと「こう?」と確認しながら避難する様子がありました。

保育者が水消火器で消火する様子を見て「すごいな」「きえたかな?」と子ども同士で話をしている姿もありました。

出動した消防車を見せてもらうと「おっきいな」と大きさに圧倒されたり、「これはなに?」「どうやってつかうの?」「なんにんのれるの?」と気になったことを消防士の方に質問していました。

 


2019 年 11 月 9 日 土曜日

サバーファームへいもほり遠足へ行きました。

前の日から「大きいさつまいもとれたらいいな!」と楽しそうに友だちと話し、期待する様子がありました。

サバーファームへ向かうバスの中では、外の景色を見ながら「あ、僕のお家や!」「あの木、葉っぱが赤くなっている」など会話を楽しんだり、バスレクリエーションでは友だちと協力してクイズやなぞなぞを解いたりしました。

サバーファームに到着し、さつまいも畑へ向かうとその畑の広さに圧倒されている様子もありましたが、目の前の株のつるをたどって黙々とスコップで掘っていました。徐々にさつまいもが顔を出すと「みてみて!」と友だちや保育者に伝え、やる気へとつなげて見事大きなさつまいもが収穫できると声を上げて喜んでいました。

赤や黄色に少し紅葉した大きな木々の並木を見ながら、広々とした芝生の上でお弁当を食べました。友だちと仲良く場所を決めて座り、「これもこれも全部おいしい!」と完食していました。

昼食後は、サバーファーム内のアスレチックでのびのびと遊びました。

帰りのバスでは、楽しかったことなどを振り返って話し、疲れたのかバスの中でぐっすりと眠る姿もありました。