深井こども園TOP > 12月 2019

こだわり

2019 年 12 月 28 日 土曜日

お掃除ごっこをしました。「ぴかぴかにしようね」というと「おー!」とやる気満々!「ごしごし、ぴかぴかになったー」と色々なところをきれいにしてくれていました。雑巾がけも「よーいどん」とおしりを上げ、進むことができていました。

 


2019 年 12 月 23 日 月曜日

鏡餅やコマ、ネズミなどの絵を描き、スズランテープの足と竹ひごを自分でつけました。友だちと「かるたとかけん玉は?」など、正月にちなんだ絵を考え合う姿がありました。


2019 年 12 月 17 日 火曜日

クリスマスのテーマで絵を描きました。クレパスを使い、サンタさんと言って三角帽子をかぶせたり、トナカイの角を考え上手に描いたりしていました。嬉しそうにプレゼントと言って、箱のようなものをいくつも描き込む姿もありました。


2019 年 12 月 16 日 月曜日

トンネルや巧技台を使ってサーキット遊びをしました。少し高さのあるトンネルではおしりを上げて通ったり、「こっちこっち」と友だちを呼んでいました。平均台も保育者と手を繋がなくてもゆっくりと慎重に進み、最後まで行けると嬉しそうにしていました。

 


2019 年 12 月 14 日 土曜日

キッズカーニバル(生活発表会)がありました。

0・1歳児は、4月からの日々のあそびの様子や生活の中で成長してきた子どもたちの姿を、スライド写真で見て頂きました。また普段からしている「おふねはぎっちらこ」や「きゅうりのしおもみ」などのわらべうたやふれあいあそびを保護者の方と一緒に楽しみました。

2・3歳児は春から興味を持って取り組んできたあそびをリトミックやオペレッタで表現しました。2歳児は「お店屋さんごっこ」や「虫」などをテーマに発表し、緊張や恥ずかしさがありながらも歌を歌ったり、音楽に合わせて体を動かしたりすることを楽しんでいました。3歳児はごっこあそびの経験からお店屋さんとお寿司屋さんになりきって保育者や友だちとのやり取りを楽しみながら体を動かし、リトミックで表現しました。

4・5歳児は取り組んできたことや経験してきたことを2グループに分かれて発表しました。4歳児は、楽しんできたけん玉やコマ・まりつきなどの伝承あそびを「四季」を通して発表したり、技を披露したりしました。「セミになってあそぼう」では、園庭で見たり自分たちで調べたりして学んだことをセミになって歌やダンスを交えながら発表しました。

5歳児の発表では「ふれあいの森」グループが、春から通して訪れた”ふれあいの森”で学んだ虫たちの”好きな場所”と”生きていくために必要な環境”についての関係について、教わったり調べたりしたことを自分たちで描いた絵と言葉で伝えました。「気温」グループでは4月から測ってきた気温の記録をもとに「暑い」「涼しい」の感じ方や環境の変化など、気づいたことや友だちと話し合ったことについて発表しました。緊張する友だちに声を掛けて協力したり、堂々と大きな声で発表したりする姿がありました。

豚汁パーティーでは園庭の大きな窯でぐつぐつ煮た豚汁を親子で食べました。友だちと一緒にテーブルを囲み、楽しい雰囲気の中で会話を楽しむ様子が見られました。