深井こども園TOP > 2月 2020

こだわり

2020 年 2 月 12 日 水曜日

  小物作りでは、椅子や宇宙食、寝袋と作りなどにも取り組んでいます。「宇宙はすぐにうかぶんやで」と寝袋にカギをつけたり、椅子にも運転できるレバーをつけたりしていました。

 また、図鑑にのっていた形を思い出し、「ロケットの先はとんがるようにしよう」と段ボールを三角に切っていました。「宇宙ステーションの部屋もつながってる」と、部屋と部屋の間に友だちと協力しながら小さな段ボールをくっつけたりもしていました。


2020 年 2 月 10 日 月曜日

竹ぽっくりでは、踏切り板を合わせた山を作ると、「やってみたい!」という友だちも多くつまずかないよう

足を高くあげ慎重に歩いていました。鉄棒ではぶたの丸焼きやつばめに挑戦し、腕の力で体を支える姿も見られます。


2020 年 2 月 10 日 月曜日

 

作品展示では、「乗り物に乗って宇宙へ行こう」というテーマで、車や電車、空を飛ぶ乗り物、宇宙をイメージして展示をしました。

作った作品を「みてみて」と嬉しそうに保護者を案内しながら見せたり、今までやってきたことを楽しそうに話したりしていました。

また、自分たちの手形足形を動物の手形アートにした展示や、春頃と今を比べた絵画展示もしました。「かわいいね」「大きくなったね」などと言った会話や、「こんなことができるようになったんだね」と成長を喜び合う姿が見られました。

 

当日の活動では、0,1歳児は車や道を保護者の方と一緒にシール貼り、なぐり描き、ストロー差しなどをして作ったり、2歳児は廃材で車や電車を作り、以前作った道に走らせたりして普段の活動を見て頂きながら楽しみました。

3,4,5歳児は、それぞれの乗り物のテーマに沿って絵画、造形活動をしました。3歳児はのりやはさみを使って人や線路を作ったり、4歳児は空を飛ぶ乗り物のテーマで友だちと教えあいながら描いていました。

5歳児は宇宙に必要な惑星や、ロケット、宇宙服など、友だちと協力しあって作る姿がありました。

保護者の方にも見守っていただきながら、成長を感じていただく機会なりました。

 


2020 年 2 月 6 日 木曜日

楽器遊びをしました。「もちつき」「鬼のパンツ」「まめまき」など季節の歌に合わせて楽器を鳴らしました。友だちと顔を見合わせて嬉しそうに太鼓をたたいたり、トライアングルの音に興味津々でじーっと見つめたり楽しそうに遊んでいました。