深井こども園TOP > お知らせ

お知らせ

2018 年 6 月 21 日 木曜日

6月19日(火)大阪総合保育大学の瀧川先生を講師に、職員研修を行いました。色水や砂遊びなど各クラスの4場面の継続した写真から“どんなあそびに関心をもっているのか”や“子どもたちの思い”などを読みとり、グループで話し合い、また、幼児期に育ってほしい「10の項目」に当てはめて、付箋で書き加えていきました。

写真から子どもたちの姿を読み取っていくことで、表情や仕草、目線、友だちとの関わりを推測したり、あそびの継続(4つの写真のつながり)の意味など保育者間で共有したり、学び合う時間となりました。

最後 に、写真を読み取っていくための2つのポイントを教えてもらい、これからの保育に活かしていきたいと思います。IMG_0199 IMG_0191


2018 年 6 月 5 日 火曜日

 ランチフェスタで「たこ焼き」を作りました。自分たちで書いたレシピを見ながら、「この大きさ入るかな?」「もっと小さい方がいいかも」とたこ焼き機の形にあう大きさを考えながらちくわを切っていました。小麦粉を計るときは友だちと順番にスプーンでボールに入れ、計りの数字を見ながら「3になった」「5になった」とドキドキしながら計っていました。失敗するから玉子を割るのが嫌だと言っていた子どもも、友だちの様子を見たり真似をしているうちにコツをつかみ「できた!」と嬉しそうでした。玉子を小麦粉とだし汁をボールに入れて混ぜるときには、最初は「かたいな」「おもたい」「もっと力を入れてまぜよう」と工夫をしたり、混ぜているボールが動かないように側にいる友だちが「ここもっといてあげる」と手を添えている姿もありました。 美味しそうなたこ焼きが出来ると、「はやくたべたいなぁ」「ぼくの作ったのおいしいで」と本だち同士で話し、手作りのチケットを持って保育者が店番をしているたこ焼屋に出発!「いらっしゃいませ」と声をかけられると「おいしそう!!」「おおもりください」と嬉しそうに話していました。「○○ちゃん一緒にたべよう」と友だちを誘い、「作るの楽しかったな」「もちもちしてるね」「めっちゃおいしい~」と会話を弾ませながら、あっという間に食べていました。

DSC04379 DSC04383 DSC04411 DSC04419 DSCN5012 P1000996 P1010010 P1010019 P1010058 P1010062 P1010081 P1010083 P1010085 P1010092

 


2018 年 5 月 24 日 木曜日

IMG_0076IMG_0185DSCN0164DSCN0167P1110866IMG_0096IMG_0098DSCN0177P1110905IMG_0113

2回目のふれあいの森へ行きました。お茶摘みや実際にお茶作りの行程を体験しました。お茶摘みへ行く途中、麦畑があり、今は緑色の麦が6月から7月にかけて茶色になり、それをいる(いためる)といり麦といってお茶になることや、よもぎもお茶になることなどを教えてもらいました。いり麦を実際に目で見て香りを階で煎り麦の香ばしさを感じました。実際にお茶をグループごとに分かれて一枚ずつ丁寧に摘みました。洗って、ホットプレートで蒸しました。「わぁ!おちゃのにおいや!」「ピーマンみたいな匂いかも!」「じゅーじゅーゆってる!」と感じたことをそれぞれ自分なりの言葉で表現していました。蒸し終わると一枚ずつ手の平でもみ、葉の香りを友だち同士で楽しみながらまるめました。摘んだ葉をお茶にして色や香りを楽しみながら、「にがい!」「あまい!」などと感じたことをいいながら味わっていました。午後からは「かわのはじまり」の源流さがしへ出掛けました。川沿いを散策しながら大きなクモの巣を見て、「川の近くにはくもの大好物のくもがたくさんいるからくもがあつまってくる」と言うことや、「うぐいすはささのはで家をつくる」ということを知りました。森へとはいり、崖が崩れできたちいさな穴から少しずつ水が流れていました。そこが「かわのはじまり」であると教えてもらいました。源流付近の水がしみたつちを触り「つめたい!」「ねんどみたいや!」と感じたり気づいたりする姿がありました。源流から川へ、そして海へいき、海の上にできた大きな雲が雨を降らせて山にふり、また源流に流れる循環するサイクルや「森の水をもらっているから水は大切に使おう。」ということなど多くのことを学んだいちにちでした。


2018 年 5 月 23 日 水曜日

 

 

野外コンサートでは2~5歳児が舞台に上がり歌や合奏を披露しました。2歳児クラスではいつもとは違う雰囲気に泣いてしまう子どももいましたが普段から慣れ親しんだ「どんな色が好き?」や「りんごのほっぺ」を可愛いふりをつけて歌いました。3,4歳児は練習したうたを元気良く歌い、ピアノに合わせてカスタネット・タンバリン・すず・トライアングル・大太鼓などを鳴らし、緊張もしていましたが楽しそうに合奏する姿がありました。5歳児ではオープニングでの鍵盤ハーモニカ奏や鉄琴・木琴・小太鼓などの楽器も加え合奏をし、年長児らしく自信を持って練習してきたことを披露し、拍手をもらい喜んでいました。

 

保育参加では0~1歳児も参加し、クラスでふれあい遊びや運動遊びをしました。0歳児クラスでは「ぞうきん」「バスに乗って」などをし、子どもが微笑むと保護者も微笑みかけ和やかな雰囲気で過ごしました。0.1歳児クラスでは布を使って遊んだり、普段からしている「一本橋こちょこちょ」などをし保護者と一緒に笑い合っていました。1歳児クラスでは新聞紙をちぎってみたり丸めてみたりしてあそび、最後にはみんなで大きな袋に入れて大きなボールを作り布の上に置いて、みんなで持ち上げて楽しんでいました。2歳児クラスでは普段保育者とするあそびを保護者にしてもらったり、保護者にこちょこちょをしたりとおうちの人と一緒にすることを喜んでいました。3歳児クラスでは竹ぽっくりで平らなコースや坂のあるコースを歩いたり、平行棒をジャンプしたりしてあそびました。おうちの人に手伝ってもらう中で「上手だね」と褒めてもらい嬉しそうにしていました。4歳児クラスでは鉄棒で前回りや縄跳びをしました。おうちの人に支えてもらいながら挑戦し「こんなこともできるんや」と保護者の方が驚く様子もありました。5歳児クラスでは竹馬と大縄をしました。おうちの人と一緒にする中で保護者が「懐かしいね」と言いながら乗る姿を見て、子ども達も「お父さんもできるんや!」と喜び、自分達も乗りたいと何度も挑戦していました。

 

給食参観では保護者に向けての試食会もあり、各クラスや園庭で食べました。一緒のメニューを食べることで「おいしいね」と顔を合わせて共感したり、「家で苦手な物を園では食べました」などの意見も聞くことができました。普段の様子を保育者と共有したり、家庭での食事の悩みを聞いたりなどもでき良い時間を過ごすことができました。


2018 年 5 月 22 日 火曜日

IMG_0020[1] IMG_0018[1]IMG_0019[1]

5月19日午後から2時間にわたって職員研修会をおこないました。講師は、保護者の加藤さんにお願いし、昨年度に引き続き2回目の研修です。テーマは「目的」を常に意識して考える事の大切さ

・本題から反れないように、目的を意識する事を心がけて会議を進めることを学びました。

それには、目的を正しく設定する事 

①目的→達成したい事  ②戦略→目的を達成ための作戦 ③戦術→戦略を実行させるための具体的なプラン  

テーマについて、4グループに分かれ話し合いをしました。日々の活動計画や行事のための計画を立案するための話し合いが、本題からそれないように時折りおまじないをかけ、『そもそも目的はなんだったか?』と振り返ることが重要であることがわかりました。

いいプラン(計画)を作るポイントは、

目的・・・達成したい事、実行したいこと 

ターゲット・・・誰に焦点を当てるか

何を・・・どんな要素を提供する必要があるか(機能)  ターゲットをどんな気持ちにしたいのか(感情)

   どのように(達成するために) どんな具体的なアイデアがあるか 

 

全員が計画(活動)に対するアイデアを出しあい、目的にあったいいプランを立てるための設定方法、計画を話し合う為の会議を上手に進めるためのルールなども学ぶことができました。あっという間の2時間でした。