深井こども園TOP > お知らせ

お知らせ

2020 年 1 月 20 日 月曜日

ランチフェスタがあり、おでん屋さんをしました。年長児がおでんの文字や絵を描いた部屋飾りや、案内係、配膳などお手伝いしてくれました。“いらっしゃいませ!”の元気な声掛けに、わくわくしながら並んでいる3,4歳児のお客さんでした。あつあげ、だいこん、とりにくなど6種類の具材が並び、どれにしようかなとのぞき込んでいました。どれにしますか?と聞かれると、全部たべれる!と答えたり、これと・・と嬉しそうに指でさしながら配膳してもらったりしていました。保育者の出し物で絵描き歌が始まると、誰があらわれるのかなと興味深く見入っていました。予想をして、〇〇や!と言いながら楽しむ子どももいました。最後は、再び年長児が片付けのお手伝いをしてくれておでん屋さんが終了しました。


2020 年 1 月 18 日 土曜日

 

今回のふれあいの森では冬の植物に目を向けながら森探検をし、生き物についての話を聞きました。

 

午前中は森の中の散策をしフユイチゴやアツギカワラダケなど様々な植物を見ることができました。寒くなった森の中は虫が少なく「暖かいところで隠れているんだよ」と教えてもらい葉っぱや木をめくると集まったダンゴ虫などが集まっている所を見ることができました。途中の広場では園から持ってきた手作りの万華鏡を使って好きなものを入れてあそびました。コケやナンテンの赤い実を入れるときれいに模様が出て「見て~花みたい!」「きれいに写ってる~」と友だちと見せ合う姿もありました。

 

午後は室内で“里山”についての話を聞きました。昔は家の周りに田んぼや畑があり、お米や野菜を作ったり、木を切って火を起こしていたことやそこで暮らしていた人が住まなくなると森になり人が入れなくなったことを知りました。ふれあいの森ではボランティアの方たちの協力があり、みんなが入って自然に触れ合える場所ができたことを教えてくれました。どんぐりの見比べもし、シリブカガシ・アラカシ・コナラの3種類のどんぐりをグループで見比べてみました。「お尻がへこんでるからシリブカガシ!」「しわしわのやつはアラカシやで~」と友だち同士で見せ合い3種類を分けることもしました。

 

コナラの丘では虫探しをしました。春や夏とちがい虫が少なくなっていましたが、木の皮をめくったり、葉っぱの下の暖かそうなところを見ると小さな虫がいることにも気づくことができました。虫を観察したあとはひっくり返した木を戻してあげることでまた暖かいところに戻れるんだよと自然を大切にすることも学びました。

 

来月は今年度最後のふれあいの森です。1年間ふれあいの森で学んできたことを思い出しながら振り返り、楽しんできたいと思います。


2020 年 1 月 15 日 水曜日

 内科検診がありました。怖がらずに診てもらう小さいお友だちの姿があり、年中、年長ぐみの中には「ありがとうございました。」と自分から挨拶をするお友だちが多くみられました。。


2020 年 1 月 10 日 金曜日

新年子ども会がありました。保育者の出し物の雀踊りや獅子舞、羽根つきを見た後、みんなで「たこ」を歌いました。5歳児の出し物では、みんなの前ですることに少し緊張しながらも大きな声で説明したり、コマやけん玉の技を披露してくれたりしました。成功すると「おー!」という歓声がきこえてきたり、拍手が響いたりしました。獅子舞でが出てくると、不安そうな子もいれば、「ししまいや!」と喜ぶ子もいたり、様々でした。獅子舞に頭を噛んでもらうと「頭噛んでもらったで!」と喜ぶ姿もありました。コーナー遊びでは、手作りのコマけん玉、風船羽根つき、ネズミのチーズ運びなど好きなコーナーを異年齢児のグループで回り一緒に遊んだり教え合ったりしていました。コマけん玉コーナーではシールの貼る位置やどこに何を書くのかなど、それぞれ考えながら作っていました。チーズ運びでは友だちと協力しながらボールが落ちないように気を付けて運ぶ姿がありました。


2020 年 1 月 9 日 木曜日

3、4、5歳で深井小学校に行き凧揚げをしました。しっかり準備運動をして自分たちで描いた凧を持ち元気よく走っていました。揚がっている凧を見て「みてみて!」と嬉しそうに保育者に伝えたり、「たかくあがってる」「すごい!」と声をあげていました。凧が上手く揚げられず困っている姿を見て「うでをたかくあげたらあがる」「おもいっきりはしってみたら?」と教え合っている姿もありました。凧同士の糸が絡まると自分たちでほどこうとする姿も見られました。「たのしかった」「めっちゃたかくあがった」と楽しんで走っていました。