深井こども園TOP > お知らせ

お知らせ

2017 年 11 月 22 日 水曜日

天気に恵まれ、乗っているバスの窓から見える紅葉を楽しみながら、5回目のふれあいの森に行きました。

ふれあいの森にある畑で育てているじゃがいもやたまねぎなどを見て、元気な野菜はなぜ育つのか、何も植えていない畑がなぜあるのかを教えてもらいました。「太陽があるから」「みず!!」などの声があり、その中でも一番大切なのは『枯れ葉』ということを教わりました。また、畑に野菜を植え続けると栄養がなくなるため、畑を休める期間も大切だということも教えてもらいました。そこで、一番大切な『枯れ葉』を長い間集めて置いている場所に連れて行ってもらい、観察しました。観察前は「どんなふうになっているかな?」などワクワクした気持ちで想像し、実際に触れてみると、「ふわふわしてる」「土みたい」「黒い」とびっくりした様子でした。森の中へ歩いていき、グループごとに葉っぱをめくり下の土はどんな様子なのかも観察しました。「きのこある」「ゲジゲジや!!」など葉っぱの上にはなかった様子に驚いていました。その土を持って帰り、観察しました。白い布の上に土を少しずつ落とし、小さな虫がいるか目を凝らして見ていました。「あ!!動いてるー!!」と見つけてとても嬉しそうに友だちと伝え合う姿がみられました。見つけた虫を顕微鏡で見せてもらうと「アリみたい」「手と足すごい動かしてるね」と大きく写る姿に驚いていました。小さな虫の名前が“かにむし”“せんちゅう”“こうちゅう”と教えてもらうと、聞き慣れない名前に興味津々でした。園から持って行った砂場と畑の土も同じように観察してみましたが、虫を発見することができず、「おらんなー」と残念そうでした。土の中にも食べる・食べられるの関係があり、土の中で下に落ちた葉をまた虫が食べる・・・とくり返していることを知り、虫がたくさんいるふれあいの森の土の方が良い状態だということを説明してもらいました。

その後は原っぱでの、種探しをしました。グループごとにビンゴ用紙を片手に、「この実ってススキやったんやー!!」と1粒の実と実際に知っている植物のイメージとの発見の驚きを見せていました。たくさん集めた実を、冬の間に鳥たちが食べ物に困らないようにバードリースを作るということを聞き、次回のふれあいの森でのバードリース作りに期待が膨らんでいる子どもたちです。

 1234567


2017 年 11 月 16 日 木曜日

DSC02753 DSC02757 DSC02822 DSC02834 DSC02844 P1030310 P1030337 P1030361 P1030394 P1030425 P1030445

 移動動物園がありました。ミニブタ、アヒル、ポニー、小動物、そして大きな体のリャマなど、たくさんの動物があそびに来て触れ合いを楽しみました。

両手でヒヨコやモルモットを優しく持ち、指先で頭や羽をなでたり「こっちむいて」と顔を覗き込んだり、膝の上に乗せてあげていました。大きな手袋を付け腕にフクローを乗せてもらうと、じっと眺めて「こっちみた」と話したり、フクローが羽をひろげると「ウァー!」と驚いたり、「すごいな」「ハリーポッターみたい」と友だち同士で話していました。 年長児が肩にヘビを乗せている姿を見ると、年齢の小さいお友だちも怖がりながらもヘビに関心をもち、見に行く姿が見られました。ヘビの顔が見えないように向きを変えてもらうと、少しずつ手を伸ばして体を触り「ヘビさわった」と保育者に話していました。ドキドキ・ワクワクしながら自分の身長より背の高いリャマの側に近づいていった子どもたちは、そーっと口元に白菜を差しだしていました。ムシャムシャと食べてもらうと、回りで見ていた友だちも「ニンジンあげよう!」「パンもあげよう!」と交代しながらエサをあげていました。 0歳児の子どもたちは最初はたくさんの動物に驚き泣いていましたが、保育者に抱っこしてもらいながら少しずつ側にいくと、「あっ!」と話したり、嬉しそうに指さしをしている姿が見られました。 動物たちとのお別れの時間になると「バイバイ」「またあおうね」と手を振りながら優しく話しかけていました。

 


2017 年 11 月 10 日 金曜日

旬の生のさんまを焼いて、さんまパーティーをしました。

トングで1匹ずつ網に乗せていく時には、「ヌルッとしてて掴みにくい」「魚の匂いって少し臭いなー」などと友だち同士で話をする姿がみられました。

さんまが焼けるまでの間は、保育者が博士と子ども役で登場し、魚の話やクイズをして楽しみました。「魚を食べると頭が良くなる」「魚には体を元気にしてくれる栄養がある」などと教えてもらったり、骨の仕組みについても知ることが出来ました。みんなでクイズを考えたりしながら、『おさかな博士』になることができました。

さんまの焼けた良い匂いがしてくると、「おいしそう」「まだかなー?」と待ちきれない様子でした。3歳児は半身、4・5歳児は1匹ずつのさんまと、5歳児が大事に育てたお米でおにぎりを作って食べました。骨を取るのに時間をかけて食べる子ども、しっぽを持ってきれいに骨を取ることができて友だち同士で見せ合いをする子どもなど、様々な姿がみれらました。育てたお米を脱穀したり、精米したりして出来上がったお米で作るおにぎりは、普段よりも一段とおいしく感じたようで、笑顔で大事そうに食べていました。

保護者の方がお迎えに来てくれた時には、「さんま、おいしかったでー!!」「魚食べたら頭良くなるねんでー!!知ってた?」と今日の出来事を嬉しそうに伝える姿もみられました。

DSCN7472DSCN5357CIMG7714CIMG7741DSCN5370


2017 年 11 月 1 日 水曜日

 自分で作った帽子・マントやカバンをつけて各コーナーを異年齢のグループでまわりました。天井から吊り下げたガイコツの形の的当てをするゲームコーナーでは自分の背より高い的に腕を伸ばし力いっぱい投げていました。ねらいを定めて的に当たると「あたったー!」と喜んだり当たるまで何度も投げている姿もありました。保育者のマジックコーナーでは「どうなってるん」「すごい~」「あれとあれやな」と横の友だちとマジックの仕組みを話しながら見ていました。また、ダンスコーナーでは曲に合わせ色々なポーズをしたりリズムに合わせ、楽しそうに踊ったりし、何度も踊りに来ている子どももいました。オバケ探しコーナーでは暗いい部屋を見て「こわい」と泣き出しそうな友だちに大きいクラスの友だちが「大丈夫やで」「手つないで行こう」と優しく声をかけ、懐中電灯でオバケを照らし「ここにもおる」「あれちょっとこわいな~」と色々なオバケの姿を楽しんでいました。1階フロアでは0~1歳児が黒やオレンジ色のハロウィンのイメージしたデザインのトンネルをくぐったり、ダンスを楽しんだりしていました。音楽がかかり1人が踊り始める、お友だちが寄ってきて顔を見合わせ、みんんで全身を動かして踊り楽しんでいました。

 IMG_0673 IMG_0668 DSC02410 DSC02385 DSC02351 DSC02334 DSC02319 DSC02294 CIMG3420 CIMG3409 CIMG3403DSC02304P1030212P1030210P1030202IMG_0699


2017 年 11 月 1 日 水曜日

DSCN7399DSCN7404DSCN7406DSCN7407

 

 

 

 

 

三保交流があり、宮園こども園・久世こども園の5歳児が遊びに来てくれました。

テーマソングである「ともだちさんか」を全員で歌ったり「誕生日のうた」に合わせて踊ったりと、園庭内に子ども達の元気な声が響き渡りました。

「ダンシング玉入れ」では園対抗で歌に合わせて「ヘイ!」と大きな声で歌いながら楽しんで踊りました。曲が聞こえなくなると夢中で玉入れをしていました。ジャンプをしながら玉を投げたり、一度に2、3個の玉を投げる子どもなど、自分なりに工夫してあそぶ姿が見られました。

その後も、園庭内で一緒に竹馬をしたり、的当てで対戦をしたりと他園のお友だちと楽しく交流することができ、次回のドッチボール大会で会えることを期待している子ども達でした。