深井こども園TOP > キッズカーニバルがありました。

深井こども園のこだわり

キッズカーニバルがありました。

2016 年 2 月 8 日 月曜日

キッズカーニバルのご参加ありがとうございました。

りす組では”バスごっこ”のふれあいあそびでお家の方のひざの上に嬉しそうに乗り、声をあげていました。成長ビデオでは自分や友だちの姿に指さしをし楽しく観ていました。

ひよこ組では”ぞうきん”のふれあいあそびでお家の方に体をつんつんしてもらい子ども達の嬉しそうな姿が見られました。成長ビデオではこんなことができるようになったんだと「すごーい!」という声やかわいい姿に笑い声が聞こえたり、楽しい時間でした。

うさぎ組では”おふねはぎっちらこ”のふれあいあそびで子どもも一緒に口ずさみながら楽しんでいました。成長ビデオでは1人あそびから友だちとの関わりができるようになった子どもの姿を見て、「お家とは違う一面がみえた」という言葉がありました。

2歳児ではリトミック、劇、伝承の3つに分かれて発表しました。少し緊張しながらも音や歌に合わせて動いたり、大きな声で台詞を言ったりと楽しんでいました。

3歳児では「ケーキを作ろう!」と「どんぐりと仲間たち」というテーマでリトミックをしました。メロディの長さやリズムに合わせて生クリームを塗ったり、どんぐりが土の中から生長する様子を表現したりしていました。それを見て保護者の方からも「かわいいね」という声があがっていました。

4歳児ではカプラ、伝承、シャボン玉の発表をしました。普段とは違う雰囲気の中で緊張する子もいました。緊張しながらも言葉や動作で発表し、失敗しても友だちにあたたかい目で見守られ、何度も取り組むことができ保護者の方からの歓声や拍手を聞いて喜んでいました。

5歳児ではお茶、たたきぞめ、クモの巣の発表をしました。ふれあいの森で学んできたことをふりかえりながら、大きな声で台詞を言ったり、友だちの台詞を教え合いながら発表することができました。

終了後の豚汁パーティーでは、寒い中で温かい豚汁とお母さんたちが作ってくれたおにぎりを友だちと一緒に食べ、ぽかぽかになりました。