深井こども園TOP > 「お茶摘み体験」  らいおん組

深井こども園のこだわり

「お茶摘み体験」  らいおん組

2016 年 6 月 3 日 金曜日

CIMG1334 CIMG1353 CIMG1344 CIMG1303 CIMG1373 CIMG1377 IMG_4202 IMG_0404 CIMG1405 5歳児が2回目のふれあいの森に行きました。今年度は、1年間を通して同じコースを散策することで、前回との違いを見つけたり、季節の移り変わりに気づくことを目的に出かけています。散策しているといろんな種類の葉を探し「この葉っぱツルツルのやつやで。前に来た時にもあったもん」「このザラザラのは”シダ”っていう名前」など見つけては触って確かめたり、会話がはずんでいました。地面に空いた穴を見つけモグラが掘った穴だと教えてもらうと「えっ?!」「この中におるの?」と驚いた様子で穴の中をじっと見つめていました。

お茶摘みの体験をしました。「葉っぱの先が柔らかいものを選ぶと美味しいお茶になる」ことを教えてもらい、1枚ずつ指先で何度も触って確かめながら選んで摘んでいました。ボール一杯に摘んだ茶葉をホットプレートで蒸らし、手でもみました。手の平に葉っぱを乗せ両手の平をこすり合わせると葉っぱがクルクルと丸まっていく様子に驚いたり、「手の平がベトベトしてきた」とつぶやきながら友だち同士で手の平についたにおいを確かめ合う姿もありました。作った茶葉にお湯を注ぎ、出来立てのお茶を飲みました。中には苦いと感じた子もいましたが、「おいしい」「豆みたいな味がする」「抹茶みたいな色やな」と話しながら、あっという間に飲んでいました。