深井こども園TOP > 「おもちつきをしました」

深井こども園のこだわり

「おもちつきをしました」

2016 年 12 月 5 日 月曜日

dscn1148 img_0750 dscn1887 dscn0027 dscn0016 dscn0014 dscn0008 前日に5歳児が洗ったもち米を蒸して、もちつきをしました。もちをつくリズムに合わせて「よいしょー」と言ったり、杵をつく真似をしまりして、つきあがるのを楽しみに待っていました。タイミングを合わせて地面を手で叩く乳児の姿も見られました。3~5歳児では、もちが予想以上に伸びることに驚いて歓声をあげたり、杵の重さにびっくりしたりする姿がありました。0~2歳児はつきたてのおもちをじっと見て「白いのでてる!」とにおいをかいだり、指先で触り感触を楽しんだりもしました。指につく感じを味わったり「のびる!」「ベタベタや」「あったかい」と話したりする様子もありました。3~5歳はラップを使い自分たちで丸めた白もちと、さとうじょうゆもち、きな粉もちを食べました。ビヨーンと伸びることを面白がったり「おいしいね」「やわらかいね」など友だちとの会話を楽しんだりしていました。