深井こども園TOP > 『さんまパーティーがありました』

深井こども園のこだわり

『さんまパーティーがありました』

2017 年 11 月 10 日 金曜日

旬の生のさんまを焼いて、さんまパーティーをしました。

トングで1匹ずつ網に乗せていく時には、「ヌルッとしてて掴みにくい」「魚の匂いって少し臭いなー」などと友だち同士で話をする姿がみられました。

さんまが焼けるまでの間は、保育者が博士と子ども役で登場し、魚の話やクイズをして楽しみました。「魚を食べると頭が良くなる」「魚には体を元気にしてくれる栄養がある」などと教えてもらったり、骨の仕組みについても知ることが出来ました。みんなでクイズを考えたりしながら、『おさかな博士』になることができました。

さんまの焼けた良い匂いがしてくると、「おいしそう」「まだかなー?」と待ちきれない様子でした。3歳児は半身、4・5歳児は1匹ずつのさんまと、5歳児が大事に育てたお米でおにぎりを作って食べました。骨を取るのに時間をかけて食べる子ども、しっぽを持ってきれいに骨を取ることができて友だち同士で見せ合いをする子どもなど、様々な姿がみれらました。育てたお米を脱穀したり、精米したりして出来上がったお米で作るおにぎりは、普段よりも一段とおいしく感じたようで、笑顔で大事そうに食べていました。

保護者の方がお迎えに来てくれた時には、「さんま、おいしかったでー!!」「魚食べたら頭良くなるねんでー!!知ってた?」と今日の出来事を嬉しそうに伝える姿もみられました。

DSCN7472DSCN5357CIMG7714CIMG7741DSCN5370