深井こども園TOP > 野外コンサート・保育参加がありました。

深井こども園のこだわり

野外コンサート・保育参加がありました。

2018 年 5 月 23 日 水曜日

 

 

野外コンサートでは2~5歳児が舞台に上がり歌や合奏を披露しました。2歳児クラスではいつもとは違う雰囲気に泣いてしまう子どももいましたが普段から慣れ親しんだ「どんな色が好き?」や「りんごのほっぺ」を可愛いふりをつけて歌いました。3,4歳児は練習したうたを元気良く歌い、ピアノに合わせてカスタネット・タンバリン・すず・トライアングル・大太鼓などを鳴らし、緊張もしていましたが楽しそうに合奏する姿がありました。5歳児ではオープニングでの鍵盤ハーモニカ奏や鉄琴・木琴・小太鼓などの楽器も加え合奏をし、年長児らしく自信を持って練習してきたことを披露し、拍手をもらい喜んでいました。

 

保育参加では0~1歳児も参加し、クラスでふれあい遊びや運動遊びをしました。0歳児クラスでは「ぞうきん」「バスに乗って」などをし、子どもが微笑むと保護者も微笑みかけ和やかな雰囲気で過ごしました。0.1歳児クラスでは布を使って遊んだり、普段からしている「一本橋こちょこちょ」などをし保護者と一緒に笑い合っていました。1歳児クラスでは新聞紙をちぎってみたり丸めてみたりしてあそび、最後にはみんなで大きな袋に入れて大きなボールを作り布の上に置いて、みんなで持ち上げて楽しんでいました。2歳児クラスでは普段保育者とするあそびを保護者にしてもらったり、保護者にこちょこちょをしたりとおうちの人と一緒にすることを喜んでいました。3歳児クラスでは竹ぽっくりで平らなコースや坂のあるコースを歩いたり、平行棒をジャンプしたりしてあそびました。おうちの人に手伝ってもらう中で「上手だね」と褒めてもらい嬉しそうにしていました。4歳児クラスでは鉄棒で前回りや縄跳びをしました。おうちの人に支えてもらいながら挑戦し「こんなこともできるんや」と保護者の方が驚く様子もありました。5歳児クラスでは竹馬と大縄をしました。おうちの人と一緒にする中で保護者が「懐かしいね」と言いながら乗る姿を見て、子ども達も「お父さんもできるんや!」と喜び、自分達も乗りたいと何度も挑戦していました。

 

給食参観では保護者に向けての試食会もあり、各クラスや園庭で食べました。一緒のメニューを食べることで「おいしいね」と顔を合わせて共感したり、「家で苦手な物を園では食べました」などの意見も聞くことができました。普段の様子を保育者と共有したり、家庭での食事の悩みを聞いたりなどもでき良い時間を過ごすことができました。