深井こども園TOP > 「ランチフェスタをしました」

深井こども園のこだわり

「ランチフェスタをしました」

2018 年 10 月 25 日 木曜日

P1000982 P1000969 P1000962 DSCN6209 DSCN6199 今年度3回目のランチフェスタをしました。前回は年長児がお店屋さんでしたが、今回は保育者がお店屋さんになり3~5歳児の子ども達を中華屋さんに招待しました。事前に【あんかけ焼きそば・酢鶏・麻婆豆腐】のメニューの中から好きな物を選ぶときには、「焼きそばが好きやからこれにする」とすぐに決めたり、3種類の写真を見て「どれにしようかな?」と何度も迷いながら決めたり、「どれがいい?」とお母さんに訪ね一緒に決めている姿が見られました。 前日に部屋の飾りをしていると、竜の飾りをみて「これカッコイイな!」と友だち同士で話したり、”中国ってどんな色やと思う?”と訪ねると、本で見た国旗を思い出し「赤と黄色やで!」と嬉しそうに話していました。「赤と黄色で飾りを作りたい!」というアイデアから、みんなで輪つなぎを作り部屋に飾りました。 当日、チケットを貰うと大事そうにしっかりと握りしめていました。ウエイトレス姿の保育者が「ご案内します」と声を掛けると、いつもと違う保育者の姿をじっと眺めたり「はい!」と元気のいい返事をしてニコニコしながらテーブルまで移動していました。テーブルに座ったお客様(子ども達)のチケットを受け取る役割は年長児がお手伝いしてくれました。チケットを受け取ると、「まっててね」と優しく声をかけたり、年下の子の側に行きニコッと笑顔を見せるなどほっこりする場面も見られました。「お待たせしました」とウエイトレス役の保育者が料理を配ると、待ってましたとばかりに「きた!」と話したり、隣に座っている友だちと「ぼくは麻婆豆腐」「わたしも一緒!」「わたしは焼きそばにしたよ」など会話が弾んでいました。”いただきます”をすると「おいしいな」とあっという間に食べ終わり繰り返しおかわりをする姿がありあました。苦手な食材があった子は最初はお皿の隅に残していましたが、ニコニコしながら食べている友だちの姿を見て少しずつ「ピーマン嫌いやけど小さいの食べる」と自分から食べてみようとしていました。 食事の途中には踊りのサプライズ!!チャイナ風ドレスに羽のうちわ・手作り楽器を持った保育者のパフォーマンスに、真似をしながら一緒に体を揺らせたり「カッコイイ!」と拍手をしたり・・。「またきたね!!」と両手でバイバイをしながら気持ちを伝えている姿がみられました。

 

 

テーブルに