深井こども園TOP > デイキャンプをしました。5歳児

深井こども園のこだわり

デイキャンプをしました。5歳児

2020 年 6 月 26 日 金曜日

 

デイキャンプに参加しました。事前にみんなで、レンガを組み立ててBBQコンロを作ったり、当日何をして遊びたいか、リーダーや買い物に行く当番などの役割を決めるなど、期待を膨らませて当日を迎えました。

午前中のカレークッキングでは、園庭の畑で栽培・収穫をしたじゃがいも、なすび、買い物に行って買った人参・玉ねぎを使いました。ナイフを使って保育者といっしょに切っていく際には、「ねこの手やね」や「ちょっと大きいかな」などと友だちと話しながら切っていました。

その後園庭の池を使って、自分たちが作った船を浮かべて遊びました。「進む船」をテーマに、ゴムとプロペラで進む船や、カップに溜まった水が、ストローから出る勢いで進む船などを作りました。「ちゃんと進むかな?」と不安げな様子も見られましたが、実際に遊んでみると「すごい!進んでる!」と驚いていました。友だちの上手に進む船を見て気づき、「僕もやってみる」と改造する様子も見られました。

午後は、よもぎ団子を作りました。粉や水を計量する際には、「もうちょっといれて」などと話したり、園庭から取ってきた、よもぎをすり鉢ですり潰す際にはみんなで「1・2・3」と数えながら進めたり「疲れてきたから交代しようか」などとみんなで協力していました。

完成した、よもぎ団子とマシュマロは、みんなで作った釜で焼いてから食べました。子ども達の想像以上の火力に「熱いね」と言いながらも、トロッと焼けてきたマシュマロに「おいしそう!」と歓声が上がっていました。みんなで作って食べた、おやつは格別だったようで、おかわりをする子どもも多かったです。夕食のご飯も、飯ごうを使い炊飯をしました。炊き上がりをみんなの前で開けると「いい匂い!」という声が聴かれました。

ご飯には、午前中にクッキングをしたカレーをかけて食べました。「なすび苦手かも」などの声もありましたが、みんなで水をあげ大きくなっていくのを観察していたこともあり、一口食べてみようとする姿も見られました。

 みんなで力を合わせて協力する楽しさを味わい、完成した時や遊んだ時の喜びも一段と大きかったように感じました。友だちと意見がぶつかり合うこともありましたが、そのような葛藤も含め、様々な経験が今後の成長につながっていってほしいと思います。