深井こども園TOP > ふれあいの森(11月)

深井こども園のこだわり

ふれあいの森(11月)

2014 年 11 月 27 日 木曜日

61101117216131631
ふれあいの森へ行くと先月までたくさん見つけられた虫たちがいなくなりました。「虫たちはどうしているんだろう?寒くなったからどこかに行ってしまったのかな?」と疑問を持ちながら森を探検しました。木の幹に黒いかたまりをみつけよく見ると「ヨコヅナサシガメ」という虫がたくさん一つの場所にかたまっていました。ヨコヅナサシガメは、「大木の樹幹に集団で生活していて、冬のように寒くなると、体を寄せ合って体を温めて冬越しをするんだよ」と教えてもらいました。虫たちは体を温めるために様々な工夫をして冬を過ごしているんだと分かり驚きでいっぱいでした。
森の音を聞いて絵で表現する、サウンドマップでは目を閉じて風や鳥の音を聞いて、絵を描いて、みんなで見せ合ったりしました。
保育園で作って持っていった目を森の木や葉などを鼻や口に見立てたりしながら顔をつくりました。
木のつるを何重もまいてリースを作り、鳥が食べる実をたくさんリースにつけていき、バードリースをつくりました。「保育園の園庭に飾ったらどんな鳥が食べに来てくれるかな?」とワクワクしています。