深井こども園TOP > お知らせ

お知らせ

2018 年 10 月 31 日 水曜日

体力向上のため25メートル走、立ち幅跳び、体支持持久力、ボール投げ、両足ジャンプの5種目を測定しました。準備運動から大きな声を出して気合いの入った様子の子どもたち。立ち幅跳びでは「1番遠くに跳びたい。」と言う意欲から目も真剣で大きく手を振り上げて跳んでいました。25メートル走では、近くの公園に行き直線を思いっきり走って気持ち良さそうでした。日頃遊びを通して身体をしっかり動かしていましたが、測定することで子どもたちも「もっと跳びたい!」「もう一回やりたい!と言う気持ちを大切に継続させていきたいです。

PA300117 PA290154 PA290146 PA290143 PA290151


2018 年 10 月 29 日 月曜日

 さわやかな秋晴の園庭で、110匹のさんまを園庭に作った炭火のかまどで焼いて食べました。大きな網の上にさんまを乗せる時には、長いトングでさんまを挟もうとし、「あれ?!うまくつかめない」「ツルっとしておちる」と話しながらトングの向きを変えたりギュッと力を入れ強く握り挟もうとしていました。うまくさんまが挟めると落ちないようにそっと網に近づき、熱気で「もう前にいかれへん」と諦めそうになったり、「でも、さんまはのせるで!」と何度も挑戦したりしていました。うまく網に乗せられると「ヤッター!できたで」「ぼくが乗せたさんまあれやで」と共だちに話していました。 さんまが焼けるまでは”さんまクイズ”を楽しみました。”さんまが住んでいるのはどこかな?」の質問に、イラストを見て年長児や年中児は「海とおもう!」「ちがう川やで」と思ったことを共だち同士で伝え合ったり、年長児の真似をして「うみ!」と大きな声で話している年長児の姿も見られました。保育者手作りのさんま(3枚開きになるもの)を使ってさんまの体の中を見ていくと「おぉースゴイ!」「あれ骨みたいの出てきた!」と興味津々でした。 炭火で焼いたさんまの煙が園庭に広がり始めると、「あっ!なんかいいにおいがする」と美味しそうな香りにすぐに気づいていました。”いただきます”をして食べ始めると、お箸やフォークで上手に身をほぐしながら「ここ(内臓部分)苦い!!」「でも、ここはおいしいな」と話しながらあっという間に食べていました。普段は魚が苦手な子も「半分にして!」と自分菜食べられる量を伝え、残さず全部食べられる姿も見られました。食べ終わった後には、長く繋がったさんまの骨を手に持ち「わたしのはこんなに長いよ」「こっちはもっと長いで」と友だちと楽しそうに見せ合っていました。

DSC07740 DSC07788 DSCN6297 DSCN6299 DSCN6305 DSCN6306 DSCN6311


2018 年 10 月 25 日 木曜日

P1000982 P1000969 P1000962 DSCN6209 DSCN6199 今年度3回目のランチフェスタをしました。前回は年長児がお店屋さんでしたが、今回は保育者がお店屋さんになり3~5歳児の子ども達を中華屋さんに招待しました。事前に【あんかけ焼きそば・酢鶏・麻婆豆腐】のメニューの中から好きな物を選ぶときには、「焼きそばが好きやからこれにする」とすぐに決めたり、3種類の写真を見て「どれにしようかな?」と何度も迷いながら決めたり、「どれがいい?」とお母さんに訪ね一緒に決めている姿が見られました。 前日に部屋の飾りをしていると、竜の飾りをみて「これカッコイイな!」と友だち同士で話したり、”中国ってどんな色やと思う?”と訪ねると、本で見た国旗を思い出し「赤と黄色やで!」と嬉しそうに話していました。「赤と黄色で飾りを作りたい!」というアイデアから、みんなで輪つなぎを作り部屋に飾りました。 当日、チケットを貰うと大事そうにしっかりと握りしめていました。ウエイトレス姿の保育者が「ご案内します」と声を掛けると、いつもと違う保育者の姿をじっと眺めたり「はい!」と元気のいい返事をしてニコニコしながらテーブルまで移動していました。テーブルに座ったお客様(子ども達)のチケットを受け取る役割は年長児がお手伝いしてくれました。チケットを受け取ると、「まっててね」と優しく声をかけたり、年下の子の側に行きニコッと笑顔を見せるなどほっこりする場面も見られました。「お待たせしました」とウエイトレス役の保育者が料理を配ると、待ってましたとばかりに「きた!」と話したり、隣に座っている友だちと「ぼくは麻婆豆腐」「わたしも一緒!」「わたしは焼きそばにしたよ」など会話が弾んでいました。”いただきます”をすると「おいしいな」とあっという間に食べ終わり繰り返しおかわりをする姿がありあました。苦手な食材があった子は最初はお皿の隅に残していましたが、ニコニコしながら食べている友だちの姿を見て少しずつ「ピーマン嫌いやけど小さいの食べる」と自分から食べてみようとしていました。 食事の途中には踊りのサプライズ!!チャイナ風ドレスに羽のうちわ・手作り楽器を持った保育者のパフォーマンスに、真似をしながら一緒に体を揺らせたり「カッコイイ!」と拍手をしたり・・。「またきたね!!」と両手でバイバイをしながら気持ちを伝えている姿がみられました。

 

 

テーブルに


2018 年 10 月 25 日 木曜日

助産士さんが来園され誕生学がありました。黒いシートに針穴程の小さな穴が開いていて「お腹の中にいる一番最初の大きさ」と教えてもらうと「小さーい!」と声があがりました。お腹の中でお掃除していることを知ると「誰も教えてもらってないのにすごいなぁ」と生まれてきたことの奇跡やすごさを知る機会になりました。振り返りで「ママってすごいなぁ」「じぶんもすごい!」「ママにありがとうって言おう~」などの声が上がり、自分も大切にされているのを感じている様子でした。

P1000900 P1000901 P1000906 P1000908 P1000914 P1000918 P1000920


2018 年 10 月 20 日 土曜日

今回はハロウィンにちなんだイングリッシュでした。、サリーに変装した講師の先生を見て大喜びしたり、出てくるオバケの「ガイコツ」や「魔女」や「コウモリ」の英語を教えてもらい、よく聞いて発音を真似していました。ゲームでは「ジャックオーランタン!トリック・ア・トリート」ジェスチャーをして、お菓子のカードをもらい嬉しそうに見せあっていました。ゾンビ歩きや叫び声を出したりして、なりきりハロウィンの気分を味わっていました。最後に突然エイリアンの登場でビックリしてしまい保育者の後ろに隠れようとする子どももいました。

8-3らいおん P1000940 P1000924 DSC09343 P1000955