深井こども園TOP > お知らせ

お知らせ

2019 年 11 月 9 日 土曜日

サバーファームへいもほり遠足へ行きました。

前の日から「大きいさつまいもとれたらいいな!」と楽しそうに友だちと話し、期待する様子がありました。

サバーファームへ向かうバスの中では、外の景色を見ながら「あ、僕のお家や!」「あの木、葉っぱが赤くなっている」など会話を楽しんだり、バスレクリエーションでは友だちと協力してクイズやなぞなぞを解いたりしました。

サバーファームに到着し、さつまいも畑へ向かうとその畑の広さに圧倒されている様子もありましたが、目の前の株のつるをたどって黙々とスコップで掘っていました。徐々にさつまいもが顔を出すと「みてみて!」と友だちや保育者に伝え、やる気へとつなげて見事大きなさつまいもが収穫できると声を上げて喜んでいました。

赤や黄色に少し紅葉した大きな木々の並木を見ながら、広々とした芝生の上でお弁当を食べました。友だちと仲良く場所を決めて座り、「これもこれも全部おいしい!」と完食していました。

昼食後は、サバーファーム内のアスレチックでのびのびと遊びました。

帰りのバスでは、楽しかったことなどを振り返って話し、疲れたのかバスの中でぐっすりと眠る姿もありました。

 


2019 年 11 月 5 日 火曜日

 

焼き芋パーティーがありました。雨で延期になってしまいましたが、当日はよく晴れた秋空の下、行うことができました。前日に4・5歳が一つずつ丁寧にアルミホイルを巻いたお芋を、朝一からたき火の中へ自分たちで投げ入れました。お芋が焼けるまでの間はサツマイモに関するコーナー遊びをしました。おいも運びでは引いた紙に書かれてある数や大きさのお芋を探して運んだり、カラフルさつまいもでは赤色や黄色のお芋を同じ色の穴に入れたり、友だちと一緒に考えたり、協力したりしながら楽しんでいました。焼き芋が焼けてくると、「いいにおい~」「はやくたべたい」とワクワクしながら待っていました。手元に焼き芋が来ると、丁寧に皮をむき、友だちと見せ合っていました。日の暖かさが広がる園庭の中で焼き立てのお芋を口にすると、「あまいなあ」「おいしい!」と会話を楽しみながら嬉しそうに食べていました。焼き芋を通して秋を満喫した一日となりました。


2019 年 11 月 1 日 金曜日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


2019 年 10 月 30 日 水曜日

ハロウィンの仮装ごっこをしました。保育者が広告紙でオバケのお面をつくって被ると真似をしてつまんでやぶろうとしたり、「つくって~」と保育者に手伝ってもらいながらできたお面をつけて「おばけだぞ~」とオバケごっこをして楽しんでいました。

 

 


2019 年 10 月 26 日 土曜日

 

保育参加の第一部では5歳児のだんじりをしました。

保護者有志の方(おやじの会)手作りだんじりを園前の道で曳きました。子ども達が考えそれぞれ役割分担した手作り道具を持ち「そ~りゃ!そ~りゃ!」と元気いっぱいのかけ声でだんじりを楽しみました。

第二部からは親子で各クラスに分かれて和やかな雰囲気の中手作りおもちゃを作りました。

子どもの様子を見守ったり、できない部分を手助けしてもらいながらすすめていきました。作ったおもちゃをその場で一緒に遊ぶ姿もありました。

自分の子どもだけでなく、他の子どもさんの成長を喜び合うなど保護者同士の関わりも多く見られました。

3歳児はカプラで深井こども園を中心にした「町作り」をしました。どんな町にしたいかを事前に話し合いイメージを広げられるようすすめていきました。作った物が崩れてしまい

いつもなら怒ってしまう子どもも「もう一回作ろう」と保護者に声をかけてもらい、再び作り始めたりと親子で作ることを楽しんでいました。

4,5歳児は、気持ちカードや絵本、紙芝居を使って相手の気持ちを読み取ったり、友だちに言われて嫌な言葉、うれしい言葉はどんな言葉かなどテーマについて話合いました。

「こんな時はこうしたらいいねん」など解決法に関する様々な意見が出ていました。話し合いを通して同じ場面に出会ったとき自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを知り問題解決できる力が育っていって欲しいと思います。