深井こども園TOP > セミの観察をしました。 ぺんぎん組

深井こども園採用情報

セミの観察をしました。 ぺんぎん組

2015 年 7 月 18 日 土曜日

 

 毎朝、登園の道中にセミの抜け殻を持ってきてくれる子どもがいます。

 抜け殻は保育室の壁に見えるように飾っていましたが最初、子ども達はあまり興味がないようでした。

 しかし1つ、また1つと増える抜け殻を見て「これは何?」と興味を示し、触って観察をしていました。

 ある日、ベランダの外壁に脱皮中のセミの姿を見つけました。子ども達は今、どういう状況か分からないようでしたが、保育者が「セミが出てきているんだよ」と伝えると、真剣な表情で観察していましたが、なかなか動けず「がんばれ!」と応援していました。

 セミは上手に脱皮出来ませんでしたが、子ども達には生命の不思議さに触れる経験になったようです。