深井こども園TOP > お米が実ったよ! らいおん組

深井こども園採用情報

お米が実ったよ! らいおん組

2016 年 10 月 31 日 月曜日

 %ef%bc%91 %ef%bc%92 %ef%bc%93 %ef%bc%94 %ef%bc%95 %ef%bc%96 %ef%bc%97 %ef%bc%98 %ef%bc%99 %ef%bc%91%ef%bc%90 %ef%bc%91%ef%bc%91 12 %ef%bc%91%ef%bc%93 16 18春にモミを水に浸けて2週間位経ち芽を出したものを、指で少しずつつまんで苗箱に植え替えました。この間もスズメが苗を食べに来るので、ネットを張りました。15㎝ほどまで大きくなると、一人ひとりのバケツに土と水を入れ、よくかき混ぜて田んぼを作り、田植えをしました。また、水が腐らないように、毎日水を入れ替え、苗の生長を観察しました。暑い日は朝、水を入れても夕方になると、カラカラに乾いて何度も水やりをしました。9月頃になると、稲が40cm程に伸びて花が咲き、稲穂が出来てくると、「これがお米かな?」と、これからお米が膨らんでいくことを楽しみにしていました。稲穂がだんだん垂れてくると、スズメがお米を食べに来るので、ネットを張り、案山子を作りました。10月に稲刈りをしました。ハサミで根元から切り取り、輪ゴムで縛って1週間乾燥させた後、一粒一粒稲からお米を取りました。すり鉢に入れボールで擦ったり、瓶に入れてお箸でついたり、もみ殻を外し脱穀をしました。「お米って大変やなぁ」と話す姿もあり、やっといつも見ているお米が出来ました。さんまパーティーの時、そのお米を炊いておにぎりにして食べました。「僕たちが作ったお米、おいしい?」と異年齢に話す姿もありました。