深井こども園TOP > 日々の保育

こだわり

2020 年 7 月 28 日 火曜日

    

 

 

ペットボトルや空容器を使って船を作りました。

どんな素材が水に浮かぶのか、「ここからみずがはいってくる!」と沈まないように考えながら作っている様子がありました。

パックの両サイドにペットボトルをつけたり、「ここからのぞくねん」と

望遠鏡を作るなど作りたい船をイメージしながら作っていました。

水あそびで川や池に浮かばせて遊んでみたいと思っています。

 


2020 年 7 月 21 日 火曜日

大きな紙にクレパスでなぐり描きをしました。色のついたシールを貼っておいたり、お魚を描いて紙にしかけを用意しておくと「あ!」と指をさしてみんな集まってきました。

クレパスを渡すと、お魚の近くに描いてみたり、真っ白い紙にダイナミックに描いている子どもたちもいました。描いたあと、色がついた所を指でなぞってみたり、クレパスをじっと見つめたりと色がつくことを不思議がっている姿もありました。


2020 年 7 月 14 日 火曜日

 

「だいこんぬき」という集団遊びをしました。

「大根に変身~」というと「よし!」とまっすぐ足をピンとのばし、抜かれるまで待っていました。

保育者が足を持ち、抜こうとすると友だちとつないだ手にぎゅっと力を入れ、抜かれてしまわないようにしていました。

繰り返し遊ぶ中で、”友だちがぬかれないようにしたい”と思い始めたようで、

抜かれそうになる友だちを助けようとする姿も見られました。


2020 年 7 月 10 日 金曜日

      保育者が転がす様子をじーっと見たり、にぎにぎと触ったりして感触を確かめていました。

また、口元にあてて「おー」と声を出すと声が変わることに気がつき、何度も繰り返していました。

細い芯材を太い芯材の中に入れたり抜いたりして楽しむ姿もありました。

  


2020 年 7 月 8 日 水曜日

 

 

折り紙でくじらを折りました。

どうやって折るのか説明を聞きながら、角を合わせて指先で「アイロン~」と折り目を付けていました。

自分で折った”くじら”を「できた!」と泳がせていました。

完成したくじらを台紙に貼り、「こんなかお!」とくじらの顔の真似をしたり、

「ここから みず でてるねん」とくじらの”しお”をペンで描き入れていました。