深井こども園TOP > 日々の保育

こだわり

2021 年 1 月 15 日 金曜日

 

自分たちで折り紙を4等分に折りました。

端っこがずれないように合わせ、指先で折り目をしっかりと付けていました。

折り終わると線に沿ってハサミで切りました。「まっすぐきれた」と友だちに見せていました。

色の方が表になるように裏表を確認しながら紙にのりをつけ、

長い輪つなぎを作ることが出来ていました。「もっとしたい」と

くりかえし紙を切っていました。


2021 年 1 月 9 日 土曜日

両手でひっぱって破ったり、「ぎゅー」と丸めようとしたりしていました。

たくさん破った新聞紙の上に寝転んだり、パラパラと散らしたりして楽しんでいました。

また、お友だちや保育者の上に散らしにいき、嬉しそうに笑い合う姿もありました。


2020 年 7 月 28 日 火曜日

    

 

 

ペットボトルや空容器を使って船を作りました。

どんな素材が水に浮かぶのか、「ここからみずがはいってくる!」と沈まないように考えながら作っている様子がありました。

パックの両サイドにペットボトルをつけたり、「ここからのぞくねん」と

望遠鏡を作るなど作りたい船をイメージしながら作っていました。

水あそびで川や池に浮かばせて遊んでみたいと思っています。

 


2020 年 7 月 21 日 火曜日

大きな紙にクレパスでなぐり描きをしました。色のついたシールを貼っておいたり、お魚を描いて紙にしかけを用意しておくと「あ!」と指をさしてみんな集まってきました。

クレパスを渡すと、お魚の近くに描いてみたり、真っ白い紙にダイナミックに描いている子どもたちもいました。描いたあと、色がついた所を指でなぞってみたり、クレパスをじっと見つめたりと色がつくことを不思議がっている姿もありました。


2020 年 7 月 14 日 火曜日

 

「だいこんぬき」という集団遊びをしました。

「大根に変身~」というと「よし!」とまっすぐ足をピンとのばし、抜かれるまで待っていました。

保育者が足を持ち、抜こうとすると友だちとつないだ手にぎゅっと力を入れ、抜かれてしまわないようにしていました。

繰り返し遊ぶ中で、”友だちがぬかれないようにしたい”と思い始めたようで、

抜かれそうになる友だちを助けようとする姿も見られました。