深井こども園TOP > 行事

こだわり

2018 年 11 月 1 日 木曜日

ハロウィンパーティーがありました。先日の保育参加でお家の方と作った帽子やマントを身に付け、仮装してハロウィンファッションショーをしました。一人ひとり個性的な素敵な衣装をみんなに見てもらおうとポーズを決める姿も見られました。

ハロウィンのペープサートでは、保育者に合わせての問いかけに、答えながら次々に出てくるおばけを興味津々に見ていました。

その後のコーナー遊びでは、1階フロアでは」、風船おばけやでかでかおばけを箱車にのせ「よいしょ。よいしょ。」と言いながら引っ張って歩いていました。キャンディーボールを転がしていろいろなおばけのピンを倒して楽しみました。なかなか倒れないとそばに近づき倒れるまで何度もボールを転がしていました。

2階フロアでは、ダンス・おばけさがし・絵あわせなどのコーナーを楽しみました。ダンスコーナーでは、知っているメロディーが流れると「あっ!これ聞いたことがある」と友だちと話したり、P1010160 6-5ぱんだ 6-3ぱんだ 6-4ぱんだ 3-6うさぎ 2-5ひよこ 2-4ひよこ 2-3ひよこ 7-3きりん 6-6ぱんだ自然とメロディーにあわせて体を揺らしたりし、年長児のキレのいいダンスを見て「カッコいい!」と手拍子をして「ぼくも踊る」と横に並んで真似をしながら踊っている姿も見られました。おばけさがしでは、暗くした部屋で懐中電灯を使っておばけを探しました。「手を早く動かしたら、光があちらこちらにいくよ。」「あっ!壁の所にいる!」「時計のところにもいた。」といろいろ試し、見つけたことを友だち同士で伝えあっていました。

保育者や参加していただいた保護者の方々も仮装してハロウィンパーティーを楽しみました。


2017 年 10 月 19 日 木曜日

第17回運動会が小学校の体育館でありました。1部の0・1・2歳児の親子競技では、ハイハイでのマットの坂の上り下り、巧技台からのジャンプ、平均台渡りなど、繰り返し遊んでできるようになったことに取り組みました。泣いてしまう子もいましたが、緊張しながらも一人でやってみようとする姿も見られました。3・4・5歳児の2部は、5歳児の迫力ある和太鼓で始まりました。異年齢グループのリレーでは、3歳から4歳へ5歳へとバトンを引き継ぎながら競争しました。3歳4歳で負けていたグループが5歳の追い込みで接戦となり、負けてしまったときには悔し涙を流す子どももいましたが、保護者から拍手を受けると笑顔で応えていました。運動遊びでは4月から子ども一人ひとりが自分で目標を立て、鉄棒では前回りをする、逆上がりに挑戦、跳び箱も3段~5段とそれぞれの目標を決めて取り組んでいました。特に5歳児は自分の目標を決めても、友だちがもっと跳べるようになっている、逆上がりで何回も回っているのを見て、さらに練習をしていました。運動会直前にやっと竹馬で歩けるようになった子どももいました。子どもなりに自分自身に挑戦を続けて運動会当日は達成感と充実感でいっぱいの姿に保護者も保育者も感動しました。

DSC02102 IMG_0293  IMG_8669IMG_8752 DSC02161