報告書関係
ホーム > 報告書関係

報告書関係

苦情処理について

平成13年度より、社会福祉法第82条の規定のより、当園では利用者からの苦情に適切に対応すべき体制を整備しました。地域の第三者委員2人と連携しながら苦情処理責任者は園長、苦情受付は副園長が担当しています。
具体的な内容については、掲示板に書面で掲示しています。苦情箱を設置していますので苦情や要望がありましたら投函してください。

苦情解決責任者
園長 関口 美都
苦情受付担当者
副園長 山本 恵
第三者委員
深井校区民生主任児童委員 嶋原 洋子
社会福祉法人
コスモス理事 八田 忠敬

令和2年4月〜令和3年3月まで

〈内容〉

新型コロナの影響による原則休園中、全家庭に保育の必要について尋ねた。医療従事者の保護者に対して休園中の保育の状況について尋ねたところ、保育を制限されると思われたようで役所に相談された。役所から苦情報告が入り、医療従事者に対しては確認することなく保育を提供してくださいとのことだったので、保護者と話し合いをして保育の提供を行った。

苦情解決の方法

1苦情の受付

苦情の面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。また、第三者委員にも直接申し出ることもできます。

2苦情受付の報告確認

苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告します。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。

3苦情受付の報告確認

苦情解決責任者は苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立ち会 いを求めることができます。なお、第三者委員の立ち会いによる話し合いは、次により行います。

  • 第三者委員による苦情内容の確認
  • 第三者委員による解決案の調整、助言
  • 話し合いの結果や改善事項等の確認

4こども園で解決できない苦情

大阪府社会福祉協議会に設置されている運営適正化委員会に申し立てることができます。第三者委員の連絡先については苦 情受付担当者にお問い合わせ下さい。

当園としては、今後も職員一人ひとりの意識を高め子どもの目線に立った保育を行い保護者の苦情、要望等に対して適切な 対応を務めて参りたいと思います。保護者からいただいた苦情内容は毎月の園だよりやホームページに記載します。

施設会計、決算等の閲覧について

※ダウンロードファイルはPDF形式です。