深井こども園TOP > 2月 2017

お知らせ

2017 年 2 月 27 日 月曜日

ふれあいの森に行きました。

 午前中は、ふれあいの森を探索しながら遊んだり1年間学んだことをクイズラリーをしながら振り返りました。グループごとに森の中をマップを見ながら歩き、道中にある1~6のクイズを友だちと「これ教えてもらった!」「知ってるよ!」など話しながら解き、正解だと思う番号にシールを貼りました。また、途中「おじいさんの木」の所へ行くとに感謝の気持ちを込めて抱きついたり触れながら「ありがとう」と伝える姿も見られました。クイズを全問解いて森の館に戻り、ふれあいの森の担当者の方と答え合わせをしました。説明を聞き、答えが合わせをしながら確認し、正解すると「やったー!」と喜んでいました。

 天気がよくあたたかったので、外の草原で昼食のおにぎりを食べました。

 午後からは、「生き物と生き物のつながり」についてグループに分かれワークをしました。虫や草、鳥などの写真を食べるもの(えさにするもの)同士を矢印でつなげ表を作りました。「鳥は木の実を食べる」「土はなにとつながってるんやろう?」とグループで協力して表を完成させていました。完成した表を見ながら担当者の方と答え合わせをしました。生き物は色々な生き物と繋がっていて大切な仲間であり、人間もそうであるということや、一匹一人では生きていけないことを教えてもらいました。

 最後のふれあいの森ということで四季の訪れ、体験したスライドを見て一年間の振り返りをし、体験したことや学んだことを話しました。そして、残った時間を使って外で自然物じゃんけんをしたり鬼ごっこをして思い切り遊びました。

 お世話になった担当者の方に最後の挨拶をし、子どもたちから色紙をプレゼントし感謝の気持ちを伝えました。

 この一年間ふれあいの森へ出かけ折々の自然の木々、草花、虫たちと出会いふれ合い季節の変化に気付く中でたくさんの遊びを体験し心豊かに育ったと思います。たくさんの宝物を心やリュックに詰め込んで帰ってきました。

P2221356 P2221349 P2221340 P2221331  P2221319 P2221309 P2221303 CIMG1814 CIMG1796


2017 年 2 月 24 日 金曜日

実践発表会ご案内(一次案内) 

 

平成29年6月17日(土) 本園にて、H28年度ソニー幼児教育支援プログラム

最優秀園実践発表会を開催します。詳細はご案内(一次案内)をご覧ください。

   ・公開保育(深井こども園) 

   ・研究発表・研究協議(深井小学校)

 


2017 年 2 月 7 日 火曜日

キッズカーニバルがありました。

りす組・ひよこ組のふれあい遊びでは大きい布の上に寝転びお家の方に揺らしてもらい嬉しそうに笑ったり、「おふねはぎっちらこ」では子ども同士で手をつなぎ歌に合わせて体を動かし顔を見合わせて笑いあっていました。写真スライドでは友だちや自分が映ると指を差したり、「園ではこんな姿があるんだ」とお家とはまた違った姿を見て頂くことができました。

うさぎ組ではいつもと違う雰囲気で少し恥ずかしそうにしている子どももいましたがお家の方と一緒に「バスにのって」のふれあい遊びをしてもらいキャッキャと笑い声が聞こえるなど楽しい時間になりました。写真スライドでは、一人あそびから友だちとの関わりが増えてきた子どもの姿をほほえましく見ていただくことができました。

2歳児では春から遊んできたことを劇あそび・ごっこあそび・リトミックあそび3つに分かれて発表しました。緊張して泣いてしまう子どももいましたが、音や歌に合わせて動いたり、大きな声で歌ったりなど楽しんでいました。

3・4・5歳児では4月から取り組んできた遊びの中で一番興味・関心があったことをテーマにし、気付いたことや考えながら深めていったことを自分たちの言葉で表現し、写真や絵画などの作品を使って発表しました。

3歳児の「色水」と「だんご虫」のリトミックの発表では、緊張しながらも言葉や動作で表現し、”見てもらっている”ということを楽しんでいるようでした。

4歳児の「泥団子作り」と「折り紙」の発表では、少し恥ずかしそうにしながらも、折り紙で作品を作りストーリーを展開させながら大きな声で発表する姿に、保護者の方からの拍手を聞いて喜んでいました。

また、5歳児の「ふれあいの森」と「栽培」の発表では、1年間経験したこと・学んできたことを振り返りながら大きな声で台詞を言ったり、友だちの台詞を教え合い発表することができました。失敗しても諦めずしっかりと台詞を言うことができ、保護者の方からは大きな拍手をもらうことができました。普段遊んでいるけん玉も披露し、技が決まると少し照れながらも、成功しやり遂げた自信の顔を見せていました。失敗しても何度も挑戦する姿に年長児らしさを感じました。

終了後、豚汁パーティーでは暖かい日差しのある園庭や室内でお家の方や友だちと一緒に食べ、ぽかぽかになりました。

○○2○3○4578910111312


2017 年 2 月 1 日 水曜日

DSCN1130 P1040252 P1080478

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

豆まきをしました。豆まきに関するクイズに参加したり、「鬼のパンツ」や「豆まき」の歌を鬼が逃げていってしまいそうなぐらい大きな声で唄っていました。鬼が現れると泣き出す子どもや「おにはーそと」と豆を投げるしぐさをしていました。みんなで鬼退治をした後にピコ太郎鬼が出てくると子ども達の笑顔ももどっていました。各クラスに鬼が来ると「おにはーそと おにはーそと」と豆に見立てた新聞紙を投げ床に落ちたのを拾っては何度も投げていました。最後は鬼達と仲良くなって記念写真を撮りました。