深井こども園TOP > 2月 2020

お知らせ

2020 年 2 月 18 日 火曜日

進級式がありました。5歳児ライオン組の歌「はじめのいっぽ」で始まり、手形やメッセージが描かれた「おもいで」の証書を園長先生から、クラスの代表が前に出て受け取りました。緊張した様子もありながらも堂々と前に立つ姿があり、メッセージを読んでもらうと嬉しそうに笑顔を見せていました。また、3.4.5歳の子どもたちが進級後にどんな楽しいことがあるのか絵に描いて発表してくれると、興味津々で見る姿もあり、これから始まるお当番活動などにも期待をしている表情でした。保育者の出し物「999匹のきょうだい」が始まると、「わぁ!」と大きな声を出したり、体を前のめりにして見たりしていました。最後は、みんなで「ドレミのまほう」を大きな声で歌い、新しいクラスに期待と喜びを感じた様子で進級式を終えました。


2020 年 2 月 10 日 月曜日

 

作品展示では、「乗り物に乗って宇宙へ行こう」というテーマで、車や電車、空を飛ぶ乗り物、宇宙をイメージして展示をしました。

作った作品を「みてみて」と嬉しそうに保護者を案内しながら見せたり、今までやってきたことを楽しそうに話したりしていました。

また、自分たちの手形足形を動物の手形アートにした展示や、春頃と今を比べた絵画展示もしました。「かわいいね」「大きくなったね」などと言った会話や、「こんなことができるようになったんだね」と成長を喜び合う姿が見られました。

 

当日の活動では、0,1歳児は車や道を保護者の方と一緒にシール貼り、なぐり描き、ストロー差しなどをして作ったり、2歳児は廃材で車や電車を作り、以前作った道に走らせたりして普段の活動を見て頂きながら楽しみました。

3,4,5歳児は、それぞれの乗り物のテーマに沿って絵画、造形活動をしました。3歳児はのりやはさみを使って人や線路を作ったり、4歳児は空を飛ぶ乗り物のテーマで友だちと教えあいながら描いていました。

5歳児は宇宙に必要な惑星や、ロケット、宇宙服など、友だちと協力しあって作る姿がありました。

保護者の方にも見守っていただきながら、成長を感じていただく機会なりました。

 


2020 年 2 月 3 日 月曜日

豆まきがありました。”ひいらぎの葉”と”イワシの焼けた匂い“が苦手な鬼を追い払うために前もって園庭でイワシを焼きました。「いいにおいがする」「おに、きらいやねんて」と友だち同士で話している様子がありました。5歳児は、炭火で焼いた香ばしい香りの焼き立てのイワシの身をほぐし「おいしー」「うまい!!」と食べていました。和太鼓の音が鳴りひびき鬼が出てくると「おにがきたー」と保育者の後ろに隠れながら様子を見る姿がありました。0~2歳の小さい子どもたちも鬼のお面作りをして楽しみにしていましたが、本物の鬼が来ると”はっ”っと驚き保育者にしがみついていました。「おにはーそとー」とらいおん組の子どもたちが前に出て鬼を追い出そうとする姿を見て、少しずつ保育者の前に出て豆をまく子どもたちもいました。新聞紙で作った豆をたくさんまき、わがまま鬼や泣き虫鬼など心にいる悪い鬼を追い払いました。


2020 年 2 月 3 日 月曜日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。